大田区田園調布2-22-3

03-3228-1555

050-5212-1014

月・水・金 早朝夜間診療 日曜終日診療

オンライン予約
月・水・金 早朝夜間診療 日曜終日診療 オンライン予約

慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)

慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)

「副鼻腔」という鼻の周りにある、鼻腔内とつながった空洞に炎症を起こしている病気です。
副鼻腔は頬部(上顎洞)、両目の間(篩骨洞)、前額部(前頭洞)、鼻の奥(蝶形骨洞)にあり、内部は粘膜で覆われています。

風邪などで鼻の粘膜に炎症を起こすと副鼻腔にも炎症を起こし、色のついた粘調性の鼻漏が出たり、鼻閉、頬部や額の痛み、嗅覚低下などが出現します。

このような急性期の炎症は抗菌薬の内服で1,2週間でおさまることがほとんどですが、放置していると炎症が慢性化し、慢性副鼻腔炎になることがあり、治療に時間がかかります。

慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん) 慢性副鼻腔炎では、マクロライド系の抗菌薬を通常の半量で長期間(およそ3か月)内服し、ネブライザー療法を行います。

それでも良くならない場合には手術が必要になることもあります。

長引く鼻症状があるときは、ぜひお早めに受診してください。