大田区田園調布2-22-3

03-3228-1555

050-5212-1014

月・水・金 早朝夜間診療 日曜終日診療

オンライン予約
月・水・金 早朝夜間診療 日曜終日診療 オンライン予約

花粉症

春先に鼻の調子がおかしいと感じはじめた方や、スギ花粉症の症状がつらく、お薬だけでは症状がおさまらない方は当院へご相談ください。

当院での花粉症治療

花粉症

当院では「鼻アレルギー 診療ガイドライン」に沿った治療を行っています。
春先のスギやヒノキ花粉症の治療は、内服薬や点鼻薬によるものが中心となりますが、治療薬にはたくさんの種類があります。
患者様の症状と鼻の中の状態をチェックさせていただき、治療薬を選定いたします。

スギ花粉症の舌下免疫療法

スギ花粉症は、関東地方南部では2月頃から4月上旬頃まで飛散するスギ花粉によるアレルギーでくしゃみ、鼻水、鼻閉、目のかゆみなどの症状が起こる疾患です。近年では4〜5人に一人の方がスギ花粉症といわれています。  花粉症の標準的な治療は、花粉飛散時期に行う第2世代抗ヒスタミン薬などの内服やステロイド点鼻薬を中心とした薬物療法(対症療法)ですが、毎年症状がつらく薬がなかなか効かないという方には、根本的な体質改善が期待できる免疫療法をおすすめします。

スギ花粉症の治療として、アレルゲンを含む治療薬を毎日舌の下に投与し、身体をアレルゲン(スギ花粉)に慣れさせてアレルギー症状が出ないようにする舌下免疫療法があります。
治療には数年(3年以上が推奨されます)を要しますが、70%くらいの方は舌下免疫療法を行うことにより花粉症が治ります。完全に治らない場合でも、約80%の方で舌下免疫療法を行うことで、花粉症の症状が軽くなり、アレルギー治療薬の減量が期待できます。
ただし、舌下免疫療法は、花粉のシーズン中には開始することができません。6月〜12月の間に開始します。