大田区田園調布2-22-3

03-3228-1555

050-5212-1014

月・水・金 早朝夜間診療 日曜終日診療

オンライン予約
月・水・金 早朝夜間診療 日曜終日診療 オンライン予約

いびき

いびきの気になる方、お気軽に当院にご相談ください。
睡眠時無呼吸症候群の診断のための簡易検査装置をお貸し致します。

当院のいきび治療

いびき

小児と成人では原因が異なります。
小児では生理的に口蓋扁桃やアデノイド(咽頭扁桃)が大きいため、鼻咽腔のスペースが狭くなり、いびきをかくことが多いです。睡眠中の呼吸停止により、日中の集中力が低下したり、扁桃肥大や鼻閉のために食事を上手にとれなくなることがあるため、お子様の成長に影響を与える可能性があります。睡眠時に呼吸停止を反復する場合には扁桃やアデノイドを切除する手術の適応になります。

成人では肥満により咽頭スペースが狭くなったり、舌根沈下がおこりいびきをかくことが多くなります。肥満がなく、やせていても顎が小さい方ではいびきをかくことがあります。眠っている間に呼吸が何度も停止する睡眠時無呼吸症候群は、寝起きが悪かったり、日中の眠気、循環器系にも影響を及ぼします。
当院では睡眠時無呼吸症候群の診断のための簡易検査を行っています。
ご自宅でできる簡易検査装置をお貸し致しますので、装置をご自身で装着していただき、一晩、お休みください。
睡眠中の呼吸の状態を解析し、1週間程で検査結果が分かります。

睡眠時無呼吸症候群と診断されたら、睡眠中の気道の閉塞を防ぐために、加圧した空気を鼻から気道に送り続けて気道を開く、CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法、シーパップ)の導入も行います。